電話占いジプシーは危険…依存症を抜け出して電話占いを適切に楽しむ

電話占いジプシーとは?

皆さんは「電話占いジプシー」と呼ばれる存在をご存知ですか?

簡単に言えば電話占い依存症に近いもので、あまりに酷いと電話占いにより借金を背負ってしまったり、些細な判断も自分で出来なくなってしまったり…。

本ページでは電話占いジプシーになりやすい人の特徴や抜け出す方法などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

電話占いジプシーとは?

まず、「ジプシー」とはヨーロッパで生活する移動型民族のことを指します。また、このことから「各地・各界を転々とする人」といった意味も持ちます。

つまり、電話占いジプシーとは、電話占いを転々とする人のこと。もっと分かりやすく言うならば、理想の結果を求めて何人もの占い師・電話占いをハシゴする人のことを電話占いジプシーと呼ぶのです。

そのため、電話占いジプシー=電話占い依存症といった見方も出来るのですが、一方で依存症とは異なるという意見もあります。これについては次の項目で見ていきましょう。

電話占いジプシー=依存症なの?

傍から見れば電話占いジプシーも電話占い依存症も違いがなく見えるでしょう。しかし、一説によれば、両者には下記のような違いが存在します。

電話占いジプシー
電話占いにハマってはいるものの、自制心がきくため、過度な借金など日常生活が困難なレベルには陥らない。
電話占い依存症
電話占いにハマり抜け出せなくなっている状態。電話占いをしないと不安で眠れなくなったり日常生活に支障が出る。

あくまでも一説であり、電話占いジプシー=軽度の電話占い依存症といった意見もあるため、電話占いジプシーの段階なら安心といったことではありません。

ただ、電話占いジプシーの方が、電話占い依存症よりは症状が軽いように思います。

とはいえ、電話占いジプシーから依存症に発展する可能性も大いにあるのですから、電話占いジプシーだと自覚している人、あるいはなってしまいそうだと感じる人は、早めに対策をしておきましょう。

電話占いジプシーになりやすい人の特徴

下記のような人は電話占いジプシーになりやすいため注意が必要です。

電話占いジプシーになりやすい人の特徴

最初から「理想の鑑定結果」を決めている

電話占いでは占い師が視えたものを結果として伝えてくれるわけですが、その結果に初めから自分なりの答えを設定している方がいます。

たとえば、「恋人と別れるべきか付き合い続けるべきか」といった相談をしたとしましょう。この時、普通の人は占い師の結果をもとに行動しますよね。

しかし、占いジプシーになりやすい人は、相談する前から「付き合い続けるべきって言ってほしい!」と自分の中で答えを設定してしまい、結果が違った場合、理想の結果を出してくれる占い師が見つかるまで電話占いを転々としてしまうのです。

よく「占いジプシーは同じ質問を繰り返す」と言われる理由はこれですね。A先生がダメならB先生。B先生がダメならC先生といった感じで、「付き合い続けるべきです」と言ってくれる先生が見つかるまで、同じ質問で電話占いを続けてしまいます。

「自分に都合の良い結果を出してくれない先生はハズレ!」なんて考えてる人は気を付けてくださいね。

完璧主義

完璧主義の方も占いジプシーになりやすいので注意してください。というのも、完璧主義の人は占いの結果にも完璧を求めてしまいます。

そのため、先生の言ったことと現実で多少でもズレが生じると、「この先生は当たらない!外れ!」と考えてしまい、完璧に当ててくれる先生が見つかるまで電話占いを転々としてしまいます。

確かに寸分のズレもなく結果を伝えてくれる先生がいるのなら、そんなに理想的なことはありません。しかし、占いとは当たるも八卦当たらぬも八卦。どんなに優秀な先生でも的中率100%とはなかなかいかないのが現実です。

電話占いジプシーから抜け出す方法

電話占いジプシーから抜け出す方法を紹介します。もしかしたら自分はジプシーかも?と自覚のある方はぜひチェックしておいてくださいね。

電話占いジプシーから抜け出す方法

最後の決断は自ら行う

先ほども言った通り占いとは当たるも八卦当たらぬも八卦です。占いの結果に身をゆだねておけば万事解決するかと言えば、その確率は高くとも絶対とは言えないでしょう。

やはり、電話占いの結果を参考に、どう行動するかの最終判断は自ら行うのが理想的だと思います。

完全に占い師の結果まかせだと、良い結果を求めて何人もの占い師に相談してしまったり、些細なことでも電話占いを頼らないと決められなくなってしまう可能性も…。注意してくださいね。

信頼できる先生を見つける

電話占いジプシーを脱するには信頼できる先生を見つけることも大切です。

たとえば「この先生の言うことは絶対に信頼できる!」といった占い師を見つけることができれば、毎回、その先生のアドバイスを受け、行動をしていけばOKですよね。

しかし、信頼できる先生が見つかっていないと、「もっと良い結果を出してくれる先生がいるかも!」と電話占いをハシゴ・・・つまりは電話占いジプシー状態になってしまいます。

ちなみに、占い師とは相性の問題もあるため、評価の良い占い師であれば絶対に信頼できるとも限りません。

多くの電話占いサイトは無料鑑定時間を設けていますので、これを上手に活用して、相性ぴったりの占い師を探していきましょう

あらかじめ予算を決めておく

あらかじめ1ヶ月単位で予算を決めておき、それをオーバーしないようにすれば、電話占いを転々とすることも無くなるでしょう。自ら電話占いの使用時間を制限するわけですね。

電話占いのアドバイスはためになるものが多く、鑑定結果を参考に動くことで理想の未来を掴めることも多いため、電話占い自体をやめろとは言いません。

ようは食事と同じで、過度な摂取(利用)はよくありませんが、適度な摂取(利用)であれば、良い方向に働いてくれます。

健康のために食事制限を行うように、電話占いも予算や利用時間を抑え、上手に付き合っていきましょう!

電話占いと上手に付き合おう!

電話占いジプシーや電話占い依存症にならないためには、あるていどの自制心を持つことが重要です。

最初から理想の結果を決めつけて、(自分の中で設定した結果に)ピタリと当たる占い師を探すため転々したり、完璧すぎる結果は求めず、電話占いのアドバイスを参考に自らの意思で最終決断できるようになりましょう。

なお、電話占いジプシーや電話占い依存症からの脱却=電話占いからの卒業とは考えなくて大丈夫ですよ。

電話占い自体は悪いものではなく、むしろ相談によって私たちの精神を穏やかにしてくれたり、目指すべき道を指し示してくれる頼もしい存在です。

大切なのは依存しすぎず、かといって邪険にすることはなく、適度に、上手に付き合っていくことだと思います。